en | jp

  • 名前 : ニットのカーテン
  • 用途 : 視線の遮蔽、光量の調節
  • 制作年 : 2010年
  • 場所 : 大阪
  • 建築用途 : 個人住宅
  • 建築 : qp / 米津正臣
  • 素材 : 麻100%(無漂白);213g/㎡
  • サイズ(横×縦) : 2.9m×2m (設置された状態2m×2m)×10枚, 2m×4.6m (設置された状態2m×4.1m)×5枚, 2.9×2m (設置された状態1.8m×2m)×7枚, 0.7m×0.5m (設置された状態0.4m×0.5m)×2枚, 2.4m×1.9m (設置された状態0.6m×2m) ×4枚, 2.1m×1.7m (設置された状態0.7m×1.6m)×4枚, 2.1m×1.7m (設置された状態0.6m×1.6m)×5枚, 1m×1m (設置された状態も同様)×2枚
  • 布面積 : 114 ㎡
  • 布重量 : 24.3kg
  • クレジット : photo page/1. 米津正臣, 2-4. 芦田梨津子 5-6. 森山茜  info page/森山茜
  •  
  •  

大阪の下町に建つ3人家族の新しい家のためのカーテン。各階ごとに窓の透明度を調節するために、各階によってカーテンの布地の量が違う。1階では窓の横幅に対して5倍の長さの襞が、3.5階は2倍の量の襞をとっているため、地面に近いほど布地が多く不透明で上の階ほどに布地が少なく透明度が増す。この住宅のためにつくられたリネンの布地はセーターと同じ編み方で編まれており、柔らかい表情を作りながらも、光を反射する麻の性質から時折鎖帷子のようにも見える。