Studio Akane Moriyama

Textiles for Toberu

 

建築家との最初のやりとりで、「生きもののようなカーテン」が欲しい、と言われた。外装に常滑で焼き上げたスクラッチの入った数色のレンガタイルが入る予定で、動物の表皮のようなイメージだそうだ。これを聞いたとき、この建物で布は第二の表皮のようなものになるのでは、と思った。柔らかい皮が外部の温度差から体を守り、時には周りの環境に馴染んで自分自身の存在をカモフラージュする。ここでは、「生きもの」が直感的に心地よいと感じられるようなカーテン、例えばその布に包んで寝てしまっても、落ち着いて呼吸ができるようなものが良い、と考えた。

 

碁盤の目状に作られた京都では珍しい、斜めに通る道沿いに立つその建物は、若い研究者たちがある一定期間滞在し、同じ空間の中で議論をしたり、研究を深めたりするための場所である。細長い敷地の中に様々な質の空間があり、ここで使用されるテキスタイルも各空間の性格によって異なる素材が選択された。全ての素材に共通しているのは、長い間の使用に耐え、いつかは土に還る素材を使用していることである。

 

通り沿いのライブラリーには、幅22mx高さ5mの開口に、日差しを和らげる半透明のカーテンがかかる。綿100%でありながら、半透明でハリがあるこの素材は、白から外部のレンガ色と同じ色に長いグラデーションに染められた。光の屈折により、入り口付近の白っぽい部分は視線を通しにくいが、奥に行くにつれてだんだんと外のレンガ色と同じ色になり、透明度が増して行く。

 

研究者が自分だけの時間を過ごす個室には、手作業で染めたウールのスクリーンと、番手の細かい糸で織られたベッドカバーを用意した。特注のレールに設置されたウールの一枚布は、厳しい京都の冷気を防ぎながらも、朝の光が入って来た時には京都の山並みのような様相をぼんやりと浮かび上がらせる。ベッドカバーは、淡い群青色に染められ、正方形やレンガ型など各部屋で異なるパターンのキルティングがされている。

 

入り口付近の坪庭の前では、シルクのカーテンが優しく風を受ける。坪庭を覆う淡い水色と萌色のタイルに呼応して、中庭の緑がある下部は薄いグリーンに、空が少しだけ見える上部は淡い水色に、およそ8mに渡って緩やかに色が変化する。

 

At the first email we received from the architects for this project, they wrote they wanted “Curtains like a living creature”. They told us the building would be covered with scratched tiles made in Tokoname, which would appear like a skin of animal. When we heard about “the skin”, we imagined textile in this building would become the second skin of the animal. The soft skin protects the body from severe environment while it camouflages itself to the surrounding. The textiles here should be something “the living creatures” find comfortable by intuition, for instance, feeling like to wrap yourselves with the fabrics and sleep deeply.

 

At this building, young researchers are invited to stay for several months so that they can deepen their researches. Since the building has different functions of space such as dining, kitchen, meeting rooms, library, and private rooms, different qualities of textile were chosen for each space. All textile materials are natural fibers and designed to be used for long life.

 

In the library, the cotton curtains for the large windows at the library softens the direct light from the west. The crispy organza was dyed in 22m-long gradient from white to brown which resembles the colour of the scratched tiles. The fabrics appear more translucent at the brown part while more opaque at the white part.

 

In the private rooms, hand-dyed wool screens are hanged at window sides. Protecting from cold air, it appears like a dim row of Kyoto mountains when the morning light comes. The bedcovers were dyed in pale ultramarine blue, and quilted with different geographical patterns.

 

In front of the little inner garden, a 8m-long silk curtain dances with breeze. Responding to the colours of tiles at the courtyard, the fabric was dyed from pale moss green to sky blue. 

 

 

 

 

 

 

Scope Textile objects for protecting residents' privacy, improvement of acoustics, and sun-shade

Completed 2019

Location Kyoto, Japan

Site "Toberu"/ Business incubation centre

Architect onishimaki+hyakudayuki architects / o+h, Tokyo

Material Cotton, Silk,and Wool

Size 250m2

Photographer Yasushi Ichikawa, Yurika Kono, Akane Moriyama

Team Studio Akane Moriyama Akane Moriyama